ユニバーサルホームの地熱床システム

HOME > ユニバーサルホームの地熱床システム

地球が冷暖房する

img1.gif例えば井戸水は、冬は温かく、夏は冷たく感じます。

それは、地中にある熱に関係があります。この原理を住宅の基礎に当てはめたのが、ユニバーサルホームの地熱床システムです。

夏は涼しく、冬は暖かいのです。

一年を通して快適な室内環境になります。

災害にも強い地熱床システム

tinetu_taisihin.jpg「地熱床システム」は地面と床下との間に砂利を敷き詰め密閉しています。

この砂利層は外部からの圧力や振動、騒音などを吸収・分散するクッションのような役目を果たします。

地盤への負担の軽減、地震振動の吸収、床下浸水の防止など、万一の災害から家族を守ります。



tinetu2.jpg

↓クリックしてご覧ください

一階全室床暖房

img2.gif通常の床暖房は、リビングだけが一般的。

でも、ユニバーサルホームなら、一階全室が床暖房で、廊下やトイレ、キッチンも足元からポカポカです。

※ 一階床暖房に浴室、玄関は含まれません。

包み込まれるような穏やかな暖かさ

床暖房は遠赤外線効果のある「輻射熱」と、床から直接伝わる「伝道熱」によって、身体を芯から暖める理想的な暖房。

石油やガスを使用する暖房と異なり、CO2やCOを排出しないため、健康にも環境にもやさしいと言えます。

地熱床システムとの相乗効果でお財布にも優しいのです。

外壁ALC50mm厚

img3.gifユニバーサルホームの外壁材は火災保険料が安くなるALC50mm(※)を使用しています。

阪神大震災を耐え抜くほど耐久性に優れ、断熱性が高く、遮音性にも優れた外壁材は快適生活の重要なポイントです。
※一部、商品により異なります



目玉焼き実験.jpg左の写真は、高性能ALC外壁材と窯業系外壁材の耐火性能を比較した実験の様子です。

窯業系外壁材は、熱が伝わりきれいに目玉焼きが出来たのに対し、高性能ALC外壁材下は、生のままでした。



制振装置 MGEO-N(エムジオ)

img192.jpg毎日の生活から、地震への不安を減らしたい。

「MGEO-N」は阪神・淡路大震災や新潟県中越地震レベルの実大振動実験により優れた制震性能が証明された「MGEO」の技術をもとに新築在来木造用に開発された画期的な制震装置です。

これからは「耐震」+「制震」。家族の命と幸福な生活を守ります。


※MGEO(エムジオ)はミサワホーム株式会社の構造用制震装置であり、登録商標です。また、同社の知的財産・ノウハウが含まれています。

オール電化

省エネ、快適、安全という利便性で今、大人気のオール電化。

次世代電化調理器、ヒートポンプ式床暖房、ヒートポンプ式電気給湯器などの、家族にうれしい快適仕様満載です。

断熱材

img4.gif断熱性能の高い、高性能外壁材の使用に加え、 ハイクラス断熱材(※)を採用。更なる断熱性能を追求しています。

※一部、商品により異なります。

構造

img5.jpg日本古来から伝わる木造家屋は、気候風土や自然現象を永い年月にわたり研究し、完成した日本人の知恵の結集です。ユニバーサルホームでは、この木造建築が日本に一番適した住宅だと考え、こだわりを持ち続け、日々研究しています。
日本の気候風土に最も適した伝統的な木造軸組工法に、最先端の技術を取り入れた耐震性にも優れた工法「ハイパーフレーム構法」を推奨しています。

木のぬくもり

008b.png木は、家族と地球にやさしい建築素材です。

殺菌力があります。
木の香りは心を和ませるだけではありません。 「フィトンチッド」と呼ばれる物質が含まれていて、細菌やカビを防止する効果などが認められています。

耐震性に優れています。
地震の振動エネルギーは、建物の重さに比例します。 つまり、軽い木の家にはそれほど力がかからず、深刻な被害から免れます。

木は呼吸をしています。
吸湿性のある木は湿度が高ければ吸収し、乾燥すると水分を放出して湿度を調整する働きをしています。家の寿命を縮める原因ともなる、結露やカビの発生を防いでくれるのです。

ユニバーサルホームは木造軸組工法。木のぬくもりにこだわりを持ち続け、研究を続けています。

クリーンエアシステム

img9.jpg24時間クリーンエアシステム

24時間クリーンエアシステムは、空気の流れをつくり、より効率の良い空気環境と温熱環境を提供できる換気システムです。安定した換気量が確保でき、しかもメンテナンスが容易に行えます。汚れた空気を排出し、いつでも新鮮な空気がいっぱいの室内で快適な暮らしをお約束いたします。

メーターモジュール

img15.gifメーターモジュールのゆとり

一般の日本建築は、設計に91cm単位の尺モジュールを用いていますが、ユニバーサルホームでは100cm、つまり1mを単位とするメーターモジュールを採用しています。メーターモジュールの6畳は、尺モジュールで7.3畳。約21%も広くなり、生活 空間にゆとりが生まれます。 img16.jpg

複層ガラスサッシ

断熱性能

断熱効果は単板ガラスの2倍以上。寒い冬でも快適な住環境を維持します。

性能比較

img10_2.gifimg10_1.gif

※上の写真は、サーモグラフィで窓の表面温度を比較したものです。赤い部分が多いほど冷気を抑えていることを示していますが、   ユニバーサルホームの高断熱複層ガラスサッシは、ほぼ全面が赤く、断熱性に優れていることが一目でわかります。


冬の暖房費、夏の冷房費を大幅にカット

img11_2.gifimg11_1.gif

冬の暖房エネルギー節減の例夏の暖房エネルギー節減の例


防露性能

img13.gifimg12.gif

結露は暮らしを不快にするだけでなく、カビなどの原因にもなり、住まいの寿命にも影響を及ぼします。ユニバーサルホームの高断熱複層ガラスサッシなら、寒い冬でも窓面の温度があまり下がらず、そのため結露も低減し快適な住空間を確保します。
一般単板ガラスサッシユニバーサルホーム高断熱複層ガラス
※条件 室内温度:20℃ 室外温度:0℃ 相対湿度:50%

遮音性能

img14.gif

ユニバーサルホームの高断熱複層ガラスサッシは、その高い気密性により遮音性も向上します。交通騒音や工場騒音を遮断し、室内は静かな公園程度の音環境を実現します。

シックハウス

恐ろしい「シックハウス」から家族を守りたい

新しい家具などのツーンとした臭いはご存じですか?これはVOC(健康に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物)によるものです。 家を建てる際にも木材の防腐剤や壁紙の接着剤など体に有害なものが含まれ、社会問題として昨今テレビや新聞や雑誌など様ざまなメディアで取り上げられています。 このVOCがひき起こす「シックハウス症候群」。家族の健康を守り、また地球にやさしい住まいであるためにはまず家の中の有害物質を極力排除することです。

バリアフリー

家族ひとりひとりに優しい家…細かいところまでバリアフリー設計です。

img18.jpgimg17.jpg